ザガーロやミノキシジルを使った治療方法を知ろう!男性が怯える症状

メンズ

医師に相談が確実

ドクター

AGAは病院での治療が確実です。効果の高い育毛剤やサプリでも、やはり医薬品にはかないません。リスクはあっても短期での治療で決着をつけるのなら、医師に相談が確実です。それ以外の治療方法もまずは相談してみましょう。

もっと見る

医薬品の効果

櫛

名古屋などの多くのクリニックでは、飲み薬と塗り薬を利用した薄毛治療を行なっています。男性が怯える症状とも言えるでしょう。名古屋の皮膚科や薄毛外来のあるクリニックでは主に、飲み薬のザガーロや、プロペシアを利用しています。塗り薬ではミノキシジルを利用することが多く、大体の場合にはこのザガーロかプロペシアとミノキシジルが処方されます。ザガーロやプロペシアは名古屋を含め、多くのクリニックで使用されている飲み薬です。薄毛の仕組みとしては、まず男性ホルモン(テストロゲン)が2種類の5α-リダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換され、毛母細胞と結合することで毛になる細胞分裂が行なわれず毛が生えなくなります。これにより薄毛は起こります。ザガーロやプロペシアはこの5α-リダクターゼの働きを止めて、ジヒドロテストステロンに変換することを阻害することができます。プロペシアはⅱ型の5α-リダクターゼによく効きますが、ⅰ型にはあまり効力がありません。プロペシアの後にできたザガーロは、ⅱ型とⅰ型の5α-リダクターゼの両方に効果があります。そのため、名古屋のクリニックなどでは基本的にザガーロを利用します。ただし、効き目がある分だけザガーロはプロペシアと比較して副作用が強いのです。肝機能障害を起こす恐れがあるため、肝機能が弱いなど問題を持っている人には処方されません。肝臓の弱い人の場合や、女性の場合には、塗り薬のミノキシジルや、生活習慣の改善などでの治療を提案されます。

詳しく知って対処を考える

育毛サイクル

埼玉のクリニックではaga治療の専門医や外来を設けているクリニックも多くあります。詳しくaga(男性脱毛症)について知ることもできるので、治療法や自分の症状にあった対処方法などを相談しましょう。

もっと見る

頭皮のトラブルもチェック

ドクター

発毛相談は皮膚科のクリニックを利用しましょう。頭皮のトラブルは発毛の大きな障害になることもあります。傷などで細胞が破損していないかチェックや生活習慣のカウンセリングを行いましょう。

もっと見る